菌たちの知恵と能力を、医療に利用している人間

菌たちの知恵と能力

菌たちの知恵と能力を、医療に利用している人間

ところで、このありがたい物質は、「腸内有益菌分泌酵素」(善玉菌分泌酵素)とも表現できるように、乳酸菌以外の有益菌や酵母からも分泌(生産)されている物質なのですが、乳酸菌は有益菌の代表格であることから、便宜上そのように称されているのです。

考えてみると、細菌や酵母、また真菌(カビ)など、微生物というものは、ものすごい力をもっています。あの「ペニシリン」なども、他の細菌の発育を抑える物質として、青カビが分泌したものです。医療で使われている抗生物質の多くも、そうした多種のカビや菌が分泌したものであることはご承知のとおりです。それも、菌たちが自分たちの勢力を優勢にするために、仲間を増やし、そして他の菌を排除するという知恵が生み出したものなのです。そうした菌たちの知恵(能力)を、人間が自分たちの医療に利用しているのです。

カビが分泌した、ペニシリンなどの抗生物質は、「抗菌物質」としての作用が買われているわけですが、乳酸菌などの有益菌が分泌したものは、反対にその「生菌物質」としての作用が買われているのでしょう。でも、それには、ガンを引き起こしたりもする有害な菌の発育を抑える作用もあり、その点に注目すると、これもまた(悪玉に対する)「抗菌物質」と言えなくもないのでしょう。

要するに、「生菌物質」(プロ・バイオティクス)と「抗菌物質」(アンティ・バイオティクス)は、ほんとうは菌の世界ではウラオモテの物質なのですが、ただ、人間側がそれを利用するときに自分たちの都合に合わせて、呼び分けているにすぎないのです。

ともかく、ヒトの健康と長寿のために有用となる「乳酸菌生産物質」は、乳酸菌が腸の中で代謝した結果、分泌しているものなのですが、これを人為的に集めた、いわば「健康エキス」などもあり、今ではいろいろな種類のものが市販されるようにもなっています。

つまり、乳酸菌をはじめとする各種の善玉菌を多数集め、これらを培養タンク内であわせて培養し、そこから「乳酸菌生産物質」を集め、これをボトリングしたものといいます。これを飲むことで、お腹の中(腸内)の善玉菌や免疫細胞に力を与え、その作用で腸内環境を整えていこうという発想なのでしょう。これからは、「もうチャージした?」というのが、腸内健康を考える人たちの合言葉になるかもしれません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional