毒素を排泄し、栄養を吸収する「腸」能力を取り戻そう

毒素を排泄し、栄養を吸収する

毒素を排泄し、栄養を吸収する「腸」能力を取り戻そう

こうした、腸で発生した毒素と身体の失調との因果関係がハッキリわかってくるにつれ、「腸内環境」をよくしていこう、という機運も高まってきました。それで昨今は、ヨーグルトや各種のアミノ酸ドリンクなどが、腸によいと盛んに宣伝されるようにもなっているのです。

また、インドの伝統医学や漢方医学も、腸内環境という観点から見直されています。しかし、アーユルヴェーダやセンナ、断食、浣腸、腸内洗浄にしても、やはり対症療法的な感は否めません。腸内環境のより根本的な改善を求めるのでしたら、やはり何をおいても、「腸内細菌の質」を高める、ということに尽きるかと思われます。具体的に言いますと、腸内の「乳酸菌の質と量」の両方を高めるということ。これがいちばん、腸内環境の整備につながると言えましょう。

  • 各種サプリメント、
  • ヨーグルト製品、
  • 断食、浣腸、腸内洗浄、
  • 漢方(センナ)など、いろいろありますが・・・

健全な腸内環境には、「毒素をすみやかに、体外に排泄する能力」、そして「栄養をすみやかに、体内に吸収する能力」という、2つの『腸』能力が備わっている、と考えていただいて差し支えないでしょう。栄養は、口から取り入れて体内に入るのではなく、腸から吸収されて、はじめて体内へと入るのです。そうして、食物は、私たちの血となり肉となるのです。

ところが、腸が汚れていますと、栄養が吸収されないどころか、毒素ばかりが体内に吸収されてしまうのです。それが「血液の汚染 ⇒ 万病のもと」につながってしまう、というわけなのです。お腹の中を汚したままにしている人が、いくら身体に良いといわれる健康食品をたくさん摂ったとしても、それは汚いヘドロの中に花の種を投げ入れて、きれいな花を咲かせようとしているようなもの。

先ほどの、「毒素を排泄する能力」と「栄養を吸収する能力」という、両方の能力を高めているものこそが、私たちの腸の中にいる乳酸菌を代表とする「善玉菌」なのです。その一方で、腸内には、毒素を生み出し、腸内汚染を促進させたり、栄養の吸収を阻害したりする、まったく逆の悪い作用をもたらす「悪玉菌」などもいるのです。

今、現代人のお腹の中では、この「善:悪の比率」が「悪」のほうに傾いており、これが、「腸内環境の悪化」⇒「病気の多様化」にも結びついているのです。そこで、乳酸菌などの善玉菌を、効率よくお腹の中で増やすことが今、とても重要視されている、というわけなのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional