乳酸菌生産物質は乳酸菌たちにとってのポパイの缶詰

乳酸菌生産物質は乳酸菌たちにとって

乳酸菌生産物質は乳酸菌たちにとってのポパイの缶詰

培養によって作られた「乳酸菌生産物質」そのものにも、実に多くの生理活性物質や栄養素などが含まれています。しかし、そうした栄養剤や健康補助食品の類は、他にもたくさんあることでしょう。私が「乳酸菌生産物質」のことを面白いと感じた点は、これが栄養を補給するだけの単なる「健康ドリンク」とは発想が違うというところにありました。腸管の免疫を活性化させるという点もユニークなのですが、それ以上に、次の点が面白い、と感じたのでした。

まず、それは「私たちのため」というよりも、むしろ「お腹の中の乳酸菌たちのため」に届ける「健康ドリンク」という、そういう意味合いがあるのです。だから、それを飲むことは同時に、お腹の中の乳酸菌たちにも、同じものを飲んでもらっている、ということになるのです。「乳酸菌生産物質」は字のごとく、乳酸菌が生産・分泌したものですが、それは自分たちのエサ(食事)にもなるし、また居心地のよい環境素材ともなっているのです。

とくに、悪玉菌によって環境が悪化し、弱っている「乳酸菌」たちにとって、そして、やはり戦いに疲弊した「免疫細胞」たちにとって、それはこの上ない「栄養素」であり、「免疫増強物質」であり、「環境改善物質」ともなるものなのです。さらに、pHも酸性であることから、腸の中にいる悪玉菌たちにとっては、逆に、この上なく「厄介な物質」となるものなのです。

このように、「乳酸菌生産物質」は、ヨーグルトなどとは違って、胃で破壊されることなく、確実に腸にまで届き、そこにいる乳酸菌たちを力づける物質なのです。それは、私たちが口から入れて、お腹の中の乳酸菌たちに届ける、彼らにとっての「ポパイの缶詰」だったのです。私たちが飲んだものを、彼らにも飲んでもらう、その点がユニークに思えたのでした。

私たちは、それを飲むことで、腸内環境を汚染し続ける悪玉菌の勢力を抑えることに、歯止めを掛けられるのです。つまり、善玉菌に協力ができるということです。そのためには、乳酸菌たちにドンドン「ポパイの缶詰」を飲んでもらう必要があるのです。彼らは、私たちの「縁の下の力持ち」なのですから。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional