乳酸菌生産物質は、身体に若返りの力を充電

乳酸菌生産物質

乳酸菌生産物質は、身体に若返りの力を充電

とくに、乳酸菌などが生産した物質は、「サイトカイン」という免疫を調整する分子に働き、これを活発化させていることが、しだいに明らかになってきています。これが、今ひじょうに注目されはじめてきた「腸管免疫」の一翼を担うものなのです。

つまり、乳酸菌が生産する「生理活性物質」(酵素や活性因子など)は、免疫細胞間にも作用し、免疫システムそのものを増強させるということが明らかになってきたのです。このことから、「乳酸菌生産物質」は、免疫細胞にとっての、「エネルギー充電物質」(チャージ)ということにもなるのです。

必要なエネルギーをチャージした免疫細胞の多くは、こうして力を盛り返すと、再び、種々の異物をはじめ、悪玉細菌やウイルス、それに恐ろしいガンの魔の手などからも、私たちの身体を守るために、果敢に戦いに挑み続けるようになるのです。

この乳酸菌生産物質は、乳酸菌そのものにも力を与えるため、その勢力を増強させます。よって、腸内環境の浄化にもつながります。毒素の速やかな体外排泄と、それによる栄養の速やかな体内吸収も促すので、一挙両得といったところです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional