乳酸菌が不可欠な「腸管免疫」とは

乳酸菌が不可欠な「腸管免疫」とは

乳酸菌が不可欠な「腸管免疫」とは

免疫細胞には、異物を食べる「マクロファージ」、抗体をつくるB細胞、それに、もっぱら攻撃を担当している「キラーT細胞」などがある。そして、これらの免疫細胞の間で、相互の連絡を司っているものが、「サイトカイン」というなのである。

そのことから、このサイトカインの働きが不調であると、免疫の機構そのものも、うまく働かなくなってしまうのだ。たとえば、こうした状態でよく聞くものに、スギ花粉症や関節リウマチなどがある。

乳酸菌が生産した物質は、このサイトカインにも働いて、これを活発化させていることが、考えられているようだ。つまり、乳酸菌が生産する「生理活性物質」が、小腸のから体内に吸収されるとともに、パイエル板にも吸収され、これが免疫細胞にとってはエネルギーの充電(チャージ)となるのだ。

こうして、多くの免疫細胞はパイエル板でリフレッシュ(活性化)され、再び、種々の異物をはじめ、悪玉細菌やウイルスとの「絶え間ない戦い」という過酷な激務へと舞い戻っていくのである。このことからも、腸内には乳酸菌が多い状態が望まれるのである。それが、理想的な腸内環境なのだ。

そして、今、そうした「腸内の乳酸菌がかかわる免疫システム」が、「腸管免疫」として、注目されるまでに到っているのだ。こうした観点から、今後、「乳酸菌が生産した有用物質を服用することによる免疫療法」といったものが確立され、さらに、それにより人々の健康が大いに増進するということが、広く認識されるようになれば、それも一つの「腸内《免疫》革命」と位置付けられることだろう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional